ホーム > > 相続を問題にしないための遺言書作成 その1

相続を問題にしないための遺言書作成 その1

13.相続を問題にしないための遺言書作成 その1

自分の家庭は円満でみんなの仲も良く、遺言書などは書かなくても問題は無いと思っている人は多いと思います。


しかし相続にまつわるトラブルはとても多く、故人の思いとは別に起こりうることです。


残された人たちを大切に思うならば、遺言書を用意したほうが良いかもしれません。
特に遺言書作成が必要な人は、子どものいない夫婦。


この場合は、残された配偶者と、亡くなった方の親や兄弟姉妹が法定相続人となります。


この時に、兄弟姉妹で亡くなっている人がいれば甥や姪が代襲相続人となりますが、普段あまり付き合いの無い場合も多いことでしょう。


もし遺言書を書いておけば、全て配偶者に相続させることができるので、兄弟姉妹に頭を下げる必要がなくなるでしょう。

 

八王子の相続相談はこちら

http://www.souzoku-st.jp/


関連記事

  1. 美容は重要なテーマ

    女性にとって美容は非常に重要なテーマです。美しくなることによって社会的に様々なメ...

  2. 今では禿げは直せないものではありません

    額の広さは上手く隠せばバレないはずだという話題です。M字ハゲっていうと、どうして...

  3. べとべとしない乳液

    以前、使っていた乳液は肌は確かにしっとりとするのですが、 べとついてしまうのが気...

  4. 均一祭

    毎週木曜日は近くのスーパーで均一祭が開催されます。   野菜が100円...

  5. 保育士の仕事はやりがいがある

    私は保育士さんの仕事ぶりを見ると、とても大変だなぁと思う反面、やりがいのある仕事...

  6. 私が職場で出会った忘れられないM字ハゲ

    今からもう10年以上も前の話です。当時、子会社からの出戻りで本社へ戻って来たばか...

  7. 抜け毛の量が多いことが悩みです

    最近、抜け毛の量が多いことが悩みです。 シャンプーをした時、手ぐしでとかした時、...

  8. 相続を問題にしないための遺言書作成 その1

    13.相続を問題にしないための遺言書作成 その1自分の家庭は円満でみんなの仲も良...

  9. 保育士は働く女性を応援してくれる

    家庭の事情で転勤が多くあっちこっちの保育所に子供を生後6ヶ月から預けてましたが、...